« 路地めぐり | トップページ | 夜明け »

2007.02.18

続 路地めぐり

Dpp_0120_1 Dpp_0121 Dpp_0122 Dpp_0123 Dpp_0125 Dpp_0124

路地には人を惹き付けるチカラがあるのか、

歩き回りながら、そんなパワーを感じる。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 路地めぐり | トップページ | 夜明け »

コメント

おはようございます。1枚目のような場所、
絶対撮りたくなってしまいますよね。
2枚目、「猫の勝手口」のような小さな
出入り口が気になります。^^
3枚目、どれも美味しそうですね。私は
「久保田 千寿」というお酒が好きです!
4枚目の洋食屋さんはもう営業していない
のかな。5枚目、marikichi10さんはこの奥
まではお入りにならなかったのでしょうか。

六日町温泉、「龍言」でした!
って、もしかしてあそこしかない?
私は病後の静養を兼ねて行ったのですけれど、
女将さんが子どもに接するようにキャラメルを
1箱下さったのが印象に残っています。
脱衣所の窓からまだ青い稲がすぐそばに見え、
涼やかな風が渡ってきたことを思い出します。
また行きたいです。

投稿: やまね | 2007.02.18 11:12

3枚目、店の外側にメニューなのでしょうか。
佐渡の寒ぶり、いいですねぇ。メインで使って
いるカードがJCBなので、こんなところ通り
かかったらフラフラと入っちゃいそうです(^^;
最後の1枚、店の外に出されたお絞りに惹かれ
ました。昨夜の喧騒の名残といった感じでしょ
うか。奥に立っている人物のシルエットもいい
雰囲気です。

投稿: maopapa | 2007.02.18 12:16

やまねさん、こんにちは。
僕は行ったことはありませんが、「龍言」は結構有名です。
純和風の旅館ですよね。写真の被写体に良いかもしれませんよ。
確かテレビドラマのロケにも使われたような記憶があります。
女将さんのそんな気遣いがあると、旅行も楽しくなりますね。

投稿: marikichi10 | 2007.02.18 12:37

maopapaさん、こんにちは。
手書きの張り紙メニューなんて面白いですよね。
ちょっと滲んだ文字や、錆びた画鋲がいい味出してます。
もちろん、きっと料理も美味しいのでしょう。
最後の写真は、本当は路地ではなくてビルの通路なんですが、
光と人物、そして僕もお絞りに惹かれてしまいました(^^)

投稿: marikichi10 | 2007.02.18 12:48

この雰囲気には乾燥した感じがして、
それをうまく撮られていると思います。
日の当たらない路地だけど、
このカサカサした感覚は、
気持ちを落ち着かせてくれます。

コメント頂いたままで、しばらく
ブログから離れていました、、、すみませんでした。
また、自分のペースで復帰していきたいと
思います。

投稿: angle | 2007.02.18 15:10

angleさん、お久しぶりです。
そして、コメントありがとうございます。
「乾燥した感じ」というのは新鮮な感覚です。
なるほど、そんなふうにも感じることもあるのかと。

マイペースで行きましょうよ。
また訪問させていただきますね。

投稿: marikichi10 | 2007.02.18 16:44

JCBステッカーの鮮やかさと手書きされたお品書きの組み合わせが面白く見えます。
窓の桟に張られた押しピンや褪せた電飾、テント...路地裏の雰囲気がありますね(^^)

投稿: paranoia | 2007.02.18 18:34

paranoiaさん、こんばんは。
路地は歩いていると飽きないですね。
特にこのような繁華街の路地は、いろんなものが見つかります。

投稿: marikichi10 | 2007.02.18 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続 路地めぐり:

« 路地めぐり | トップページ | 夜明け »