« light and shade 8 | トップページ | 名残りの新潟 10 »

2009.09.22

towada walker

towada walker

towada walker

towada walker

towada walker

towada walker

①②③ GR DIGITALⅢ
④⑤ R-D1s NOKTON classic 35mm F1.4 MC

ちょっとおもしろそうな美術館があるということで、十和田市を訪ねてみた。

現代アートを集めた美術館で、建物全体もアートな空間となっている。

外には馬や蟻のオブジェ、展示室へ入ってすぐには巨大な女性の像が目を引く。

これはこれで、楽しい空間なのだろう。

美術館を見た後は、十和田の街を少し歩く。

アーケードの中は何処も同じ光景が広がっていた。

現代アートもいいけれど、街の光景の方が僕にはアートに見えた。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« light and shade 8 | トップページ | 名残りの新潟 10 »

コメント

アートとは無縁の街だったような気がする十和田に(笑)、
こんな美術館が出来たのですね。
町並みは、関東で育ったボクには、どことなく雪国を思わせる、
何か違うところがあったんですよね。
時の流れがゆっくり進んでるようなとこがあるのかも・・・。

投稿: jutora | 2009.09.23 11:49

jutoraさん、こんばんは。
十和田の街も美術館ができたことで変わってきているようです。
美術館の向かいには、アートな公園が整備されている途中でした。
街をあげて取り組んでいるようです。
新潟もそうですが、雪国には商店街のアーケードは欠かせないものなんです。
ただ、最近は郊外のSCに人が流れてしまっていますから、商店街は寂しいものです。
それだけに、流行に左右されず、時もゆっくり流れているのかもしれませんね。

投稿: marikichi10 | 2009.09.23 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187766/46283356

この記事へのトラックバック一覧です: towada walker:

« light and shade 8 | トップページ | 名残りの新潟 10 »