« 湘南 | トップページ | kamakura light and shade »

2009.10.28

風立ちぬ

風立ちぬ

風立ちぬ

風立ちぬ

風立ちぬ

①②③ GR DIGITAL III
④ R-D1s NOKTON classic 35mm F1.4 MC

鎌倉へは何度も行ったのに、大仏を見たのは今回が初めてだった。

海外からの観光客が多く、日本人より多いのかと思うほど。

すすきも色付き、秋の古都鎌倉は賑わっていた。

そして、秋の歌で思い出す曲の一つは、この歌。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 湘南 | トップページ | kamakura light and shade »

コメント

二枚目がいいですね。
大仏さんの中には入ってみましたか?
鎌倉へ行ったら最初に行く場所じゃなかったんですか、大仏さんは(笑)

投稿: のんたん | 2009.10.29 01:04

marikichi10さん、こんばんは!
私は高校生の時初めて鎌倉に行きました。
色気のない女子高校生たちの関心は、なんといっても銭洗弁天(笑)。
お金持ちになれますように・・・!と、
小銭だけでなくお札も洗ってみた私たち・・・(はずかしい)。
レンタサイクルで暗くなるまで鎌倉の街を走ったのは懐かしい思い出です。
聖子さんの風立ちぬは秋になると口ずさみたくなりますね。
大滝詠一さんらしい繊細なメロディーと松本隆さんの詩、
そこに聖子さんの声が秋の風と混ざり合って、時代を超えた名曲という気がしますmaple

投稿: anise | 2009.10.29 20:20

大仏って高校生の遠足で行ったきりかなぁ。
聖子ちゃんはボクらの青春!
いろいろ思い出がありますが、この曲は大滝詠一メロディーのせいか
下の海の写真を見ながら聴いてると懐かしさがこみ上げてきました。

投稿: jutora | 2009.10.29 21:36

のんたんさん、こんばんは。
ですよね~、普通は行くと思います(笑)
北鎌倉の方は良く行ったのですが、長谷の方はなぜか足が向きませんでした^^;
大仏の中までは入りませんでした。なんせ行列で…
境内も人だらけ。
大仏よりも、人間ウォッチングの方が楽しかったです(^^ゞ

投稿: marikichi10 | 2009.10.29 22:56

aniseさん、こんばんは。
aniseさんは現実的な女子高生だったのですね(笑)
鎌倉は自転車で回るのが一番いいかもしれませんね。
天気の良い秋の日は、なおさらです。
カメラ女子もたくさんいましたよ。
さて、聖子ちゃんですが、風立ちぬの頃から、
歌謡曲からポップスへと歌の方向性が変わったような。
さすが大滝詠一、やはり名曲ですね。

投稿: marikichi10 | 2009.10.29 23:04

jutoraさん、こんばんは。
大滝詠一といえば、A LONG VACATION ですねぇ。
当時流行りましたね(遠い目…)
君は天然色とか…
湘南に憧れた田舎高校生には、あのレコードジャケットは、
まさに目の毒でした(^^ゞ

投稿: marikichi10 | 2009.10.29 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187766/46609000

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:

« 湘南 | トップページ | kamakura light and shade »