« 遠い浜辺 | トップページ | 赤羽をめぐる冒険 2 »

2012.10.18

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

赤羽をめぐる冒険

GR DIGITAL IV

2012年10月14日 エレファントカシマシ 日比谷野外音楽堂にてライブ。

その日に合わせて、生誕の地 赤羽に行ってきた。

高度成長期から建ち並んだ団地は、建て替えのための工事が始まっており、

既に更地になってしまっている場所もあった。

一部は新しい建物になり、そこだけが浮いてしまっているようにも見える。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 遠い浜辺 | トップページ | 赤羽をめぐる冒険 2 »

コメント

団地といえば、重松清を思い浮かべます。
同年代の彼が団地をモチーフにした小説
やエッセーを書いているからかもしれま
せん。団地は、そしてそれが人気の無い
寂しいものであるほど、心に迫ってきて、
この5枚目とか6枚目とか好きです。
関係ないですが、「団地妻」なんて言葉、
今の若い人は知らないのでしょうね。
いい言葉だなぁ(^^;

投稿: maopapa | 2012.10.23 07:40

maopapaさん、こんばんは。
そうそう、重松作品には団地が良く出てきますね。
地方都市にも団地はありますが、東京のように
大規模な団地はなかなかありません。
どこの団地もここみたいにスクラップ&ビルドが進んでいて、
昭和の名残りがどんどん無くなってしまうんですね。
写真を撮っていて切なくなってしまいました。
「団地妻」はそそります(笑)
日活のポスターにドキドキした頃を思い出します^^;

投稿: marikichi10 | 2012.10.23 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187766/55913210

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽をめぐる冒険:

« 遠い浜辺 | トップページ | 赤羽をめぐる冒険 2 »