« 写真展 生活 2 | トップページ | 写真展 生活 3 »

2014.09.07

アラーキーと牛腸茂雄

アラーキーと牛腸茂雄

アラーキーと牛腸茂雄

アラーキーと牛腸茂雄

アラーキーと牛腸茂雄

アラーキーと牛腸茂雄

RICOH GR

新潟市美術館で開催されているアラーキーの写真展「愛ノ旅」に行ってきた。

今回は牛腸茂雄のコレクション展「〈わたし〉という他者」も同時開催というこで、

とても贅沢な写真展となっているのだ。

アラーキーの方は代表作といえる写真が並び、展示もシンプル。かなりの見応えがあった。

牛腸茂雄の展示も「日々」の美しいモノクロプリントにため息をつき、大好きな「見慣れた街の中で」を愛でる。

今回更に目を見張ったのは、「SELF AND OTHERS」のプリントを作る時に使われた、

トレーシングペーパーに書かれた指示の数々。これは今までになく興味深い展示だったと思う。

ここのところ新潟でも篠山紀信氏、梅佳代氏、アラーキーと大きな写真展が続いているので、

もっとたくさんの写真展が巡回してほしいなと切に願うのだ。

個人的には横木安良夫氏、ハービー・山口氏の写真展を希望したいのですがね。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 写真展 生活 2 | トップページ | 写真展 生活 3 »

コメント

写真展がいっぱい見られていいですね。
うらやましいです。アラーキーは特に
好きです。私の場合、写真展を見た直後に
写真を撮ると、高揚感があって自分が
上手くなったような気になったりします。
撮った結果はご想像どおりですが(^^;

投稿: maopapa | 2014.09.09 07:55

maopapaさん、こんばんは。
最近の新潟はビッグネームの写真展が続いていて、
とてもありがたいことです。
その昔、ブルース・リーの映画の後はみんなブルース・リーでしたね。
写真展も、森山大道とかはそんなふうになります(笑)
出来はともかく、気持ち良く写真が撮れるのはいいことだと思います(^^ゞ

投稿: marikichi10 | 2014.09.09 20:51

つい最近、アラーキーの「東京人生」を買って眺めてるところです。
アラーキーというと過激ヌードの印象が強かったのですが、
あらためて見てみてみると、いいですねぇ。

トレーシングペーパーに記された指示、それ、凄く見たいです!
写真家の意図が凝縮されてますものね。

投稿: jutora | 2014.09.13 00:10

jutoraさん、こんばんは。
アラーキーの「東京人生」いいですね、僕も持っています。
スナップは見るほどに味が出てくる感じがします。
プリントの指示は本当に興味深く見ました。
他の展示写真は以前見たことがあったものだったので、
今回の展示の中ではそれが一番の目玉でした。
なかなか見られませんからね〜

投稿: marikichi10 | 2014.09.13 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラーキーと牛腸茂雄:

« 写真展 生活 2 | トップページ | 写真展 生活 3 »