« クラフトビールで喉を潤し再び街へ | トップページ | 京都大原三千院には、恋につかれた女はいなかった!? »

2016.07.20

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ

FUJIFILM X-Pro2 XF18-55mm

嵯峨嵐山から二条城へ、まるで修学旅行と同じような行程なっているようで(笑)

まあ前回の京都旅行に続き、今回も大人の修学旅行のようなものです。

二条城は今回初めて訪れたのだが、ここの庭園が美しく、建物も豪華ということで、

外国人Touristには殊の外ウケがよろしいようで。

二の丸御殿では大政奉還が発表された広間を見ながら、日本の歴史の移り変わりを感じ、

これからの行く末はどうなるのかなぞを思いを巡らせてみる。

天守閣跡から望む京都の町は、悠久の時が静かに流れているように見えた。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« クラフトビールで喉を潤し再び街へ | トップページ | 京都大原三千院には、恋につかれた女はいなかった!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187766/63922952

この記事へのトラックバック一覧です: 二条城で日本の歴史の移り変わりを思ふ:

« クラフトビールで喉を潤し再び街へ | トップページ | 京都大原三千院には、恋につかれた女はいなかった!? »